@HyperParadoxBlog

ミニマリスト「ハイパラ」の、人生を丁寧かつ軽やかに過ごすためのブログ。モノにしばられず、ついでにムダなぜい肉を落とすべく、走る男!好きな映画や読書も楽しみながら、丁寧な生き方を探し求めていきたいと思います。

築40年以上になる我が家から、モノを一掃!(第一弾)

f:id:haipara:20161028201651j:plain

※我が家ではありません。(笑)

 

「親の家を片づける」なんて本がありましたね。

 

2014年の10月に実家に戻りまして、

築40年以上になる我が家に、ワタシの荷物まで増えてしまいました。

ってまぁ、この時点で、親の家ではなく、ワタシの家にもなりますが、

この本に感銘を受けたワタシは、オカンに相談することにしました。

 

モノを捨てられない世代でもあるオカンなので、

ワタシの子どもの頃のものまで大事に取ってくれてはいましたが、

片づけの負担を、ワタシにだけ背負わせるわけにもいかないと理解してくれ、

我が家史上、最大級の大掃除が始まったわけです。

 

それにしても、ワサ~~~っと捨てましたね~^^;;

ま、今まで持ちすぎてたってのもありますが。

 

勉強机に、ベビーダンス、食器棚に冷蔵庫、

ベッドに本棚にと、そりゃもうあきれるくらいに。^^;;

軽トラック5台分は捨てました。

細かいものまで入れるともっと、ですが。

 

ま、一番安上がりなのは、やはり市の粗大ごみに出すことでしょうか?

ただ、これは家の前に出しておかないといけないらしいので、

おのずと運べるものは限られますが。

 

あとは、我が家のポストに投函されていた、

リサイクル業者への依頼ですね。

それにしても、これだけあってよく共倒れせんよなぁ~と感心しつつ、

合い見積もりなんて取りますと、それぞれに得手不得手とかあるんでしょうか、

モノによっては全然値段が違うんですよね~

 

これは発見でしたね。

そんなに切羽詰まっていたわけではないので、

最安値のところに合わせるようにして、それぞれ処分をしました。

 

衣類とか、皿などはバザーに出したり、別口に寄付したりと、

これはタダで処分することができました。

 

あわただしく処分にかけて、

案外吹っ掛けられてる人とかもいるんやろなぁとか思いつつ、

ま、親はまだ健在ではありますが、

早めに着手してよかったと思っています。

 

第一弾と書きましたが、ワタシ的にはもう少し踏み込んでもよかったのですが、

オカンの意向ってのも尊重しないといけません。

何せ、一緒に暮らすわけですから。

先の本にもありましたが、この辺りは折り合いも大切です。

 

長らく暮らしを支えてくれた我が家も、

私たち家族と同様に歳を取るのだから、

あまり重い荷物を背負わせるのもかわいそうだと言って、

オカンにモノの処分を提案しました。

これって的を得てると思っています。 

家族のライフステージで、要るモノも当然変わりますからね。

もちろん親には元気に長生きして欲しいのですが、

家族の終盤戦には、それなりの準備や活動が必要だと思います。

変わるところや変えるところは、流れに従うことも大事ですのでね。

 

ブログ村に参加させていただいております。

ボタンを押していただければ、幸いです。