読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@HyperParadoxBlog

ミニマリスト「ハイパラ」の、人生を丁寧かつ軽やかに過ごすためのブログ。モノにしばられず、ついでにムダなぜい肉を落とすべく、走る男!好きな映画や読書も楽しみながら、丁寧な生き方を探し求めていきたいと思います。

ミニマリストになる上で、感銘を受けた本。

f:id:haipara:20161027211751j:plain

ミニマリストを志すようになりまして、

その手の本を、一時期読みまくっておりました。

 

何冊も読んでいると、だんだん慣れてくるといいますか。^^;;

内容も似通ってはくるものの、

それでもやっぱりよかった本などを、

ご紹介させていただきます。

 

 2014年10月に実家に戻ったのを機に、

まさにドンピシャなタイトル本でした。

自らのモノと、あとは家族のモノを、どうするか?

モノを捨てれない世代のオカンですが、

決してケンカはしないように、じっくり話し合いながら、

納得の上で家を片付けました。

やってよかったよ、とオカン。

ま、まだまだやるべきところもありますが、

家族にとっての快適な家が目標ですので、

第一段階としては、良しとしています。

 

 

minimalism 〜30歳からはじめるミニマル・ライフ

minimalism 〜30歳からはじめるミニマル・ライフ

  • 作者: ジョシュア・フィールズ・ミルバーン,ライアン・ニコデマス,吉田俊太郎
  • 出版社/メーカー: フィルムアート社
  • 発売日: 2014/03/25
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

これもタイトルズバリ!の本でした。(笑)

40を越えてから読んでも大丈夫!(笑)

翻訳がいかにもアメリカンな感じがして面白かったです。

 

この次に発売された、以下の本もオススメです。

まさに、「ワタシ」 の物語でした。

自分と重ね合わせながら、現在とこれからのワタシをどう生きるかについて

考えさせられた本でした。

 

あるミニマリストの物語―僕が余分なものを捨て人生を取り戻すまで

あるミニマリストの物語―僕が余分なものを捨て人生を取り戻すまで

  • 作者: ジョシュア・フィールズ・ミルバーン,ライアン・ニコデマス,Joshua Fields Millburn,Ryan Nicodemus,吉田俊太郎
  • 出版社/メーカー: フィルムアート社
  • 発売日: 2016/04/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

 

スマートサイジング

スマートサイジング

 

この本も良かったです。

モノとの向き合い方からさらに踏み込んで、

”暮らしのサイズ”をどうスマートにするか?という切り口でしたね。

ダウンではなく、スマート。

ひもじい生活とか、そういうことではなくて、ね。(笑)

 

 

スモールハウス 3坪で手に入れるシンプルで自由な生き方 (DO BOOKS)

スモールハウス 3坪で手に入れるシンプルで自由な生き方 (DO BOOKS)

 

ミニマリストになる上で、「空間」をどうするか?

この視点はなかったですね。

今は、スモールハウスが憧れでもあります。

体験入居とか、やってないですかね?(笑)

 

 

 

快適最低限。そう、目指すべきはココ!ですね。

我慢ばかりの人生は、しんどいです。(笑)

これはもちろん、個人差というか、生き様が現れますが、

バックボーンとしては外せませんので。

 

 

正しい家計管理

正しい家計管理

 

ミニマリストになるキッカケの一つが、お金の問題でした。

お金のことについては学校でも教わりませんでした。

というか、恥ずかしながら、学んでこなかったのは、

まちがいなく、自分のせいでもあります。

この手の本も色々でてますが、

優しく解説してくれているのが好感が持てました。

まだまだ道半ばですが、財政改善に取り組みたいと思います。

 

 

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

 

ミニマリストと関係がある?って言われそうですが。(^^;;

ワタシのキッカケのもう一つは、健康問題でした。

元来、運動音痴なワタシですので、ね。(笑)

その時手にしたのが、この本でした。

ちょっと村上春樹が好きになりましたよ。昔は苦手でしたが。(笑)

 

 

コアな箇所から、その周辺まで。

ワタシの考えやスタイルを方向付けてくれた本ばかりです。

一読、オススメします!

 

ブログ村に参加させていただいております。

ボタンを押していただければ、幸いです。