@HyperParadoxBlog

ミニマリスト「ハイパラ」の、人生を丁寧かつ軽やかに過ごすためのブログ。モノにしばられず、ついでにムダなぜい肉を落とすべく、走る男!好きな映画や読書も楽しみながら、丁寧な生き方を探し求めていきたいと思います。

かっこいい仕上がりです。映画「ブルーに生まれついて」

f:id:haipara:20161203144752j:plain

チェットベイカー。
 
名前くらいは聞いたことがありました。
音楽の雑誌をよく読んでいた時に、
確か表紙を飾っていたように記憶しています。
 
ジャズ界のジェームズディーンとはよく言ったもの。
たまたま買ったに過ぎない雑誌の表紙のインパクトは、
それほどまでにワタシ的には大きかったのです。
 
で、本作ですが、全編通じて、
もう、かっこいい!の一言に尽きます。^^;;
無様で不格好なところも含めて、
作品を彩る音楽と相まって、
じっくりと魅入ることができ作品になっています。

f:id:haipara:20161203144959j:plain

 
栄光と挫折。
ドラッグまみれ、そして復活までの日々が描かれており、
その過程の、「痛さ」が、ビシビシ伝わってきますね。
 
そして、ラスト!
再起をかけた演奏の時に、またしてもクスリに手を出しました・・・
帝王マイルスを見返すことはできたのかもしれないけど、
愛する人は去ってしまう・・・
この選択が、彼をチェットベイカーにしたんでしょうね。

f:id:haipara:20161203150236j:plain

 
うまいのかへたなのかは、正直よくわかりませんが、
アルバムとかを聞いてると、何かええよねって思えます。
不思議ですね。
 
世の中には2種類のミュージシャンしかいないのだとか。
いいミュージシャンか、悪いミュージシャンか?
うまいだけの奴なら用無し、ってね。
 
技術の衰えが、深い味わいになる。
どう説明したらいいのかはわかりませんが、
一聴してみて、いいなぁと思えれば、そういうことなのかな?と思います。
 
おりしも、マイルスデイビスの映画も間もなく上映ですね。

www.miles-ahead.jp

映画界って、こういうことってよくありますが。(笑)

これも観るかも。^^;;

 

ブログ村に参加させていただいております。

ボタンを押していただければ幸いです。