@HyperParadoxBlog

ミニマリスト「ハイパラ」の、人生を丁寧かつ軽やかに過ごすためのブログ。モノにしばられず、ついでにムダなぜい肉を落とすべく、走る男!好きな映画や読書も楽しみながら、丁寧な生き方を探し求めていきたいと思います。

「『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』 スピードは最強の武器である」を読んで、自分の時間について、再び考えることにしました。

f:id:haipara:20170322203330j:plain

いわゆる時間術というか、

時短のための技の本ではありません。

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

 

 

ま、圧倒的な前倒しで仕事をすることが書かれてはいますが、

浮いた時間で何かを詰め込むといった話にはなっていませんね。

整理整頓をして、”余白”を作ったとしても、

そこにまた何かモノを置くと、

まぁそういうことではないということで。

 

先日読んだ、「自分の時間」にも通ずるところがありますが、

いかに自分の人生を生き抜くか?というための本です。

www.haipara.net

 

そもそも、仕事というものは、

何があっても間に合わさなければなりません。

もし間に合わないと分かれば、

早い段階で状況の共有化を図り、

延長を申し出る、と。

「すみません、間に合いませんでした!」ってのが、

ま、一番厄介というか、困り事ですので、ね。

この辺りは言い得て妙だと思います。

 

著者の人生経験から始まって、

何とも読みやすく構成されていて、

適度にまとめが入るので、

確かめながら読み進めることができますね。

 

時間を制するものが、人生を制する、ということ。

 

自分の、普段の時間の過ごし方について、

時間とはこういうものだということを解いてくれたのが、

先の、「自分の時間」であるならば、

その過ごし方というか、なぜそう過ごすのか?を考えさせられる本ですね。

 

そういう意味では、これを読めば定時に帰れます!

みたいな内容ではありません。当たり前ですが。(笑)

ただ、時間という、人生の根幹を成すものに、

スピード感をもって向き合うというか、

より多くのことをこなすのではなく、

きっちりと終えることに主眼があるように思いました。

 

つい先日、「自分の時間」を読んで、

1日を再構築していたところですので、

本書のエッセンスを加味して、

ワタシはワタシの人生をどう生き抜くかについて、

想いを巡らせたいと思いました。

パチッとピースがハマるような、

何だかそんな感覚を覚えています。

 

ってまぁ、今のワタシは、

仕事や時間に追われている感はあまりないですが、ね。(^^;;

ただ、どういう自分になりたいか?

あるいはどういう風に生きてみたいか?を、

この歳になって考えてみることは意義深いと考えます。

だってまだ、人生は残りあるわけですので、ね。(^^;;

 

ルーティン化されているところもあるワタシ的24時間ですが、

フィックスされている(している)時間も、

逆に、そうではない時間も、

ワタシの人生を構成している時間ですから。

 

実りのあるものにしたい点では変わりなく、

最近また、今さらですが、

時間管理といったジャンルに興味が向かっているのは、

ココロ落ち着いて、自分に向き合えているからなんだと思います。

 

お尻に火がついてから考えるのとは、

ちょい違う状態で物事を考えられているのは、

良いことなんだと思うようにしています。

 

ブログ村に参加させて頂いております。

ボタンを押して頂ければ、幸いです。