読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@HyperParadoxBlog

ミニマリスト「ハイパラ」の、人生を丁寧かつ軽やかに過ごすためのブログ。モノにしばられず、ついでにムダなぜい肉を落とすべく、走る男!好きな映画や読書も楽しみながら、丁寧な生き方を探し求めていきたいと思います。

タイトル的には、著者の本にしてはイマイチだとは思いましたが。^^;; 「モバイルボヘミアン」を読みました。

f:id:haipara:20170422204533j:plain

タイトルが、なかなか・・・^^;;

モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには

モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには

 

有名どころのお二人、ですね。

というわけで、さすがの出来映えではありますね。

 

本書の中でも触れられてはいますが、

この、モバイルボヘミアンという生き方が、

決して万人受けする生き方ではありません。

 

ただ、これまでの常識的な働き方を振り返り、

このままでいいのか?という問いかけは、必要かとは思いますね。

最近の若い人はともかくとして、

今年46歳になるワタシですから。^^;;

 

著者とほぼ同年代なワタシにとって、

昔の価値観と言うか、仕事観は、シンプルでした。

いい学校を出て、いい所に就職すれば、安泰です!みたいな。^^;;

 

中学時代は、高校受験のことを考えて、

高校時代は、大学の受験のことばかり考えていました。

どうにかこうにか志望校に入ることは出来ましたが、

バブル崩壊ってのがありまして、ね。^^;;

いわゆる、日本的経営システムの崩壊なんてことが言われだして、

終身雇用に年功序列なんてことがなくなりますよって言われた、

その走りのときに、社会人になった訳です。

 

大学のゼミで学んでいる時でしたが、

そういや、ポータブルスキルってことが耳にタコ、でした。

ただ、考え方的にそういった流れが芽生えてはいましたが、

一方で、長らく日本経済を牽引して来た風潮が、

直ちに取って代わるというところまでは至りませんでしたね。

いや、むしろ、最近じゃないですか?

それこそ、ノマドとか、ね。

ま、それも、このお二人の提唱ではありますが。

 

で、最初の話に戻りますが、

結局、自分自身はどうなのよ?ってことなんですよね。

何となく惰性で働くとかではなくて、ね。

今の働き方でいいの?とか、

これからどうしたいの?とか。

そういうことを示唆してくれている本だと思います。

単純に、お二人を真似るというのではなくて、ですね。

 

確かに、お二人のスタイルに、

憧れのような気持ちは抱きます。

ただ、ワタシ自身は、ハワイとかに住みたいとは、

今は思ってはいません。

家族のそばで、親孝行したいというのが、

率直な想いではあります。

長らく離れ離れでしたので。

今まで歩んで来た人生からの考察という側面も、やはり影響しますしね。

 

今の会社に、取り立てて不満があるでも無く、

通勤とか、ちょっと辛いよねってのはあっても、

じゃ、会社やめます!みたいなことはありません。

ストレスがゼロではないですが、

イヤでイヤでしょうがない!みたいなこともありません。(笑)

 

ただ、どうなりたいの?っていうのは、考えておかないといけませんね。

そういう気付きを与えてくれたことに関しては、

本当に良書だと思いますね。

お二人のこれまでの経緯を交えて、かなり具体例に触れてくれています。

 

特に、ベーシックスキルをキッチリ積んで、

ミニマルライフコストってのをキッチリ把握し、

その上で、内なる自分の声にキッチリ耳をすませることは、

誰にでも必要となることだと思いますね。

 

で、その上で、ワタシは何を描くのか?

どのように筆を動かすのか?は、

自分自身で行わないとダメですので、ね。

 

ただ、今の時代は、そういうことを行なう上で、

テクノロジーの進歩がありますので、ね。

もちろん時間を要することではありますが、

お二人が踏み出した頃と比べれば、恵まれている環境にあるというのは

まさに同感ではあります。

 

若い人には特におすすめではないでしょうか?

読みやすい割には、深い作品ですね。

 

ブログ村に参加させていただいております。

ボタンを押していただければ、幸いです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ